乳酸菌サプリで腸内環境を整える

健康な体で毎日を過ごすためには、食べたものをしっかり消化吸収をして、不要になった老廃物は体の外に出さなくてはいけません。しかし、腸内のバランスが崩れてしまうと腸本来の働きをすることができなく、便がスムーズに排出されず腸内に溜まってしまうことがあります。これが便秘です。平成22年国民生活基礎調査によると日本人男性の4人に1人、女性の2人に1人が便秘に悩んでいます。

腸には交感神経や副交感神経といった自律神経をコントロールする機能があり、ここが乱れると新陳代謝や血液の循環が悪くなり、免疫力も低下します。赤血球が互いにくっついてしまったり末梢血管まで届かないなど、血の巡りが悪くなります。花粉症などのアレルギーも起こしやすくなりますし、代謝が悪くなってダイエットでも痩せにくくなったりします。お肌のターンオーバーも抑えられて、ニキビなどの原因にもなります。

腸内には腸内細菌である善玉菌と悪玉菌が存在しますが、悪玉菌が増えると腸内バランスが崩れてしまいます。悪玉菌を減らし善玉菌を増やすことが腸内環境を良くするためには大事です。

腸内では善玉菌と悪玉菌が戦っています。細菌に対して善悪を決めているのは人間ですが腸内環境を整えて便秘を解消していくには善玉菌を応援するしかありません。

腸には100兆個の菌がいて、善玉菌としては乳酸菌やビフィズス菌、悪玉菌にはウォルシュ菌、大腸菌、ブドウ球菌などがあります。悪玉菌は、肌の大敵で発癌リスクも高まるフェノールなどを作り出します。肌荒れだけでなく、癌などに発展して生死を決する可能性もあるため、ぜひとも善玉菌にがんばってもらいたいものです。

善玉菌を増やすには、食生活を改善していくのが近道です。動物性脂質や動物性タンパク質を多くとると悪玉菌はスカトール、アンモニア、アミンなどの猛毒物質や悪臭のもとであるインドールなどを作り出し、腸内環境は悪化します。肉などの動物性脂質や動物性タンパク質を抑えつつ、食物繊維や味噌や納豆などの発酵食品をとるようにするのがポイントです。食物繊維やオリゴ糖、グルコン酸は善玉菌の餌となります。

ただ、何といっても乳酸菌を摂取することが最優先です。乳酸菌はヨーグルトの他、チーズや牛乳などの発酵食品にも使われています。中でも、植物性乳酸菌である納豆菌や味噌や醤油など大豆食品は生きたまま乳酸菌が腸内に届きやすいです。ヨーグルトやチーズなどの牛乳由来となる乳製品に含まれるのが動物性乳酸菌は胃酸に弱く、消化液の多い胃を通過して生きたまま腸内へ届けることが難しかったのですが、最近のプロバイオティクスと呼ばれる機能性ヨーグルトの進歩によりLG21乳酸菌、ガセリ菌、ラブレ菌などが開発されて話題になっています。ただ、それでも乳酸菌は腸内に留まる事はできない通過菌なので毎日摂取することが必要で、一般的な機能性ヨーグルトの場合は200グラムは必要になり約2個分になります。一日ヨーグルト2個というのは費用的にも高くつきますし、摂取カロリーも高くなってしまいます。そんな現状の中、人気になっているのが乳酸菌サプリです。乳酸菌の量が圧倒的に多く、費用も安く、カロリーもほとんどないのでダイエット中の方にもオススメです。

乳酸菌サプリで腸内環境を整えることで、お通じも良くなり健康な体作りの第一歩となります。大事なことは腸内環境をいつも良い状態に維持しておくことで、乳酸菌も意識して毎日摂るように心がけることです。そのためにはサプリメントのように気軽に摂取することができるものを利用して、継続していくことが大事です。

腸内環境を改善する生活習慣

腸内環境を改善するには食生活を整えることが欠かせませんが、その他にもいくつかポイントがあります。

まずは、運動不足を解消することです。身体を意識して動かす習慣がないと腹筋などの筋力が低下して、腸のぜんどう運動も鈍くなって便秘になりやすくなります。無理して激しいエクササイズをすることはありませんが、定期的に散歩やウォーキングをして軽度なトレーニングをすることは重要です。日本人の2/3は腸の働きが悪くなって便秘になる弛緩性便秘と言われます。その状態を避けるためにも運動は不可欠です。

ストレスを溜めないことも重要です。とくに妊娠中の妊婦の方や子育て中の方は便秘になる方が多いのですが、一日の間で数分でもいいのでリフレッシュして気分転換する時間をとるようにすると効果的です。また、睡眠不足にならないように眠る時間を確保しましょう。リラックスすると副交感神経が刺激されて腸の働きも良くなりますし、ストレスからくる痙攣性便秘を避けることができます。

ウンチが出そうになって便意があるのに我慢してしまうと直腸性便秘になって、便意を抑えるようになり便秘になることがあります。できるだけ出したい時に出すことが必要です。

また、切れ痔やいぼ痔があったり、炎症成長疾患や大腸がん等の他の病気の影響で器質性便秘になることもあります。どんなにライフスタイルを整えても便秘が治らないという方は医師や病院に頼ることも大切です。

母子手当
母子家庭のシングルマザーがもらえる母子手当が児童扶養手当になります。所得制限などの支給条件を満たすことで最大月額4万円ほど貰うことができます。

ウォーターサーバーお試しを利用する
便秘の際に腸内環境を整えるには、しっかりとした水分補給が必要です。その際にウォーターサーバーがあれば放射能検査済の安全な水を飲めます。アクアクララなどのお試しOKのウォーターサーバーを賢く使いましょう。

このページの先頭へ